素敵なプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーのアレンジメントとは

プリザーブドフラワーは「Preserved=保存する」の意味で「枯れないお花」と言われ、日常生活でも冠婚葬祭でも、お花を使うシーンで利用されることが増えてきました。
使用するのは生花ですが、風通しの良い場所で乾燥させるドライフラワーと違い、特殊な液体に漬け込み、花の色を一旦真っ白に脱色脱水したあと、着色用の液体で色を付ける加工を施すことで瑞々しいきれいな立体感を残すことができます。
香りや花粉はなく、水やりの必要がないので、密閉された容器に入れて飾ることができます。
アレンジとはお花をまとめて作品を作った時の形状の一つです。
花束がブーケ、衣服につける小さな花はコサージュ、男性用の胸につける花はブートニア、カゴや花器にふわっと盛り合わせたような飾りつけをするのがアレンジ、又はアレンジメントと言います。
ショーケースに飾るような大きなものから、プチギフトにする小さなものまでアレンジです。
プリザーブドフラワーは「枯れない」とは言われていますが、直射日光や湿気によって色あせなどの劣化が見られることがあるので保管場所に注意が必要です。

プリザーブドフラワーの飾り方をアレンジ

フレッシュな花の柔らかさや色合いを保つ事ができるプリザーブドフラワーは、本物の花のような手入れが必要無いので人気があります。水を与える必要がないので、プリザーブドフラワーは様々な場所で、好きなアレンジを楽しむ事ができます。
水分が無いので、軽量化も実現できますし、温度の管理も必要がありません。また、現実では有りえない色合いの花を作り出す事ができるのも、プリザーブドフラワーの魅力です。本物の花の場合には、茎を切ってしまうと再び長くする事は不可能ですが、プリザーブドフラワーなら茎の部分を作り直せば何度でも生け直す事が可能です。
ですので、室内に飾るだけでなく、アクセサリーのように身につける事も気軽にする事ができるので、失敗を恐れる事なくアレンジを楽しむ事ができるのです。しかし、直射日光が当たる場所などに置いておくと、色あせてる心配がありますし、ホコリや汚れが付かないように注意しなければなりません。

注目サイト

塾を高田駅付近で見つける

2018/8/23 更新